歩き方が変わって痛みが出ている外反母趾症状とは??

歩き方が変わって痛みが出ている外反母趾症状とは??

普段から歩き方の意識はされていますか??

気にして歩いている人は少ないと思いますが、みなさんはどうでしょうか??

歩き方が変わって痛む症状の中には外反母趾症状があります。

外反母趾症状は、足の親ゆびが小ゆび側に曲がってしまう症状です。

その曲がり具合は角度によって判断されます。15度から20度で軽度の外反母趾になり、それ以上になると中度から重度の外反母趾症状と診断されます。

外反母趾症状は、一度発症するとなかなか改善しにくい症状です。

曲がった親ゆびが自然に戻るわけもなく、それに伴って痛み出始める非常厄介ですね。

この痛みを併発した外反母趾症状悩まされている方は非常多いですね。

外反母趾症状の痛みはよく親ゆび関節の部分腫れあがることが多く、腫れあがって骨が余計に出ているように見えることがあります。親ゆびの根元の関節の部分に骨の変形が起こり始めている方もいます。

骨は、症状を放置しているとドンドン大きくなることが多く、大きくなることで腫れが出やすくなってしまい、痛みも強くなることが多いです。

外反母趾症状は靴先がシャープでお洒落さを優先させた靴を好んで履く若年層の女性多い症状という認識が広く持たれているのですが、実際は若年層に特化した症状ではなく、40代から60代中年から高齢にかけての女性にも多いです。
40代から60代の女性となれば若年層のように窮屈さを我慢しつつ靴を履くという事は無いのですが、それでも外反母趾症状の患者が多いのは年齢により以前とは歩き方が変わってしまっているためだと考えられます。

もちろん歩き方だけではなく、ケガによって歩き方が変わってしまっていることや、筋力低下によってしっかりと使えていなかったり、足が思うように動いていない、使えていないなどの事も原因と考えられます。

年齢を重ねていくと避けられない老化現象として一般的に考えられる全身の筋肉衰えは生じます。

腕や足、胴体といった大きな筋肉に限らずに身体の末端である足のゆびにある小さな筋肉も衰えていきます。
そして、足のゆびの筋肉は組織自体が元々小さいため、すぐに顕著な衰えが実感できてしまう程なのですが、末端にある小さな筋肉であるのに有している役目は非常に大きなものです。
そのような末端にある足のゆびが老化現象により能力を失うと問題が生じるのは足のゆびだけに留まらず、土踏まずの反対側にある横アーチと呼ばれる筋肉にまで波及してしまいます。
横アーチはその名の通り踵から小ゆびに向かって緩やかなカーブを形成している面の事を指すのですが、ゆびを使わずに歩く事により横アーチも衰えてしまい、その結果高齢者などに多い足の裏側の全体を一気に着地させる歩き方になります。

どんっ、どんっと足を着くベタ足のような感じですね。

この歩き方をしているとなかなか足の裏の筋肉を使うことがないので、衰えていきやすいですね。

この歩き方をしているとなかなか足の裏の筋肉使うことがないので、衰えていきやすいですね。

そういったことから40~60代女性に多い理由となります。

女性多い理由としては、男性よりも筋肉弱い事、筋肉量少ないことが足全体の安定感をなくしています。

先ほどのようなベタ足の歩き方は、筋肉が衰えている方にとっては負担が小さくて歩きやすい上に、健康的な歩き方をするよりも疲れにくいのでつい行ってしまい、すっかりになってしまっている方が多いですね。
外反母趾症状の痛みを取り去るには本来とは違った様子に陥っている歩き方を正しい様子に矯正しなければならないので、外反母趾症状と診断された方に行われている、ゆりかご歩きを実践してみましょう。
ゆりかご歩きとは、まさにゆりかごや振り子のようにスムーズに体重移動をさせつつ、接地面も変えていくという歩き方が特徴なので、踵から着地した後は内側と外側のアーチへと体重移動をさせて、最後は親指に体重をかけて一歩を踏み出すといった歩き方をしていけば、次第に筋力が戻り外反母趾症状改善にも役に立ちます。

またゆび直接動かす運動や足をグー、チョキ、パーに広げるストレッチ効果的です。

やはりゆび直接動かすこと非常重要です。

なかなか改善まではいかなくても予防にはなります。

外反母趾症状は、一度発症すると改善しにくい症状です。しかし、外反母趾治療矯正専門的行っている院(大阪市城東区今福東 外反母趾・巻き爪(陥入爪)・O脚  専門治療特化型整骨院 わだ鍼灸整骨院)であれば改善すること可能です。

外反母趾症状の痛み放置したまま生活していると必ず他の所にも不具合が生じます。

そんな不具合を生じることのないようにするためにも外反母趾症状しっかりと専門院(大阪市城東区今福東 外反母趾・巻き爪(陥入爪)・O脚  専門治療特化型整骨院 わだ鍼灸整骨院)にて改善しましょう。

外反母趾症状手術しか治す方法ないと言われていますが、手術行わずに外反母趾症状改善する方法があります。

手術になると入院が必要になってしまったり、仕事を休んだり、家を空けなければならなかったりしますが、当院(大阪市城東区今福東 外反母趾・巻き爪(陥入爪)・O脚  専門治療特化型整骨院 わだ鍼灸整骨院)外反母趾症状の改善方法であれば、入院仕事休んだり空ける必要ありません

日常生活いつも通りに送りながら外反母趾症状治療矯正を行うことが出来ます。

外反母趾症状は、手術切ってしまう数年後不具合が出ることが多いです。手術をしたばかりの時には良い状態なのですが、長持ちをしません。当院へ来られている患者様の中にも安易に手術を行ってしまったがために苦労されている後悔をされている方多いです。

経験者語っているので間違いありませんね

なので、みなさんもどのような外反母趾治療・矯正を受けるか、しっかり検討する必要があります。

外反母趾症状を改善したい方はお早めに治療・矯正をすることを当院は(大阪市城東区今福東 外反母趾・巻き爪(陥入爪)・O脚  専門治療特化型整骨院 わだ鍼灸整骨院)おすすめしています。

外反母趾を何年も何十年も状態を放置している方は特に注意しましょう!!

外反母趾は日に日に進行していく症状です。

そうなってしまうと歩く事も出来なかったり、歩く事が嫌になってしまい、外に出る機会も減っていくので、生活習慣病に陥ってしまいます。

『健康的なカラダはその足から作っていきましょう!!』

外反母趾を改善していくことでカラダガラッと変わったり、カラダの環境が良くなっていくことがあります。

みなさんの日常の健康、外反母趾悩みサポート解決していくことが出来る、わだ鍼灸整骨院(大阪市城東区今福東)へぜひご来院下さい。

外反母趾その場だけの治療ではなく根本的な施術をしていくことをおすすめしています。

(大阪市城東区今福東 外反母趾巻き爪(陥入爪)・O脚  専門治療特化型整骨院 わだ鍼灸整骨院)施術を受ける場合には、お電話もしくはホームページからメールをください。

わだ鍼灸整骨院へは他県からも多くの方にご来院いただいており、信頼をいただいているために外反母趾の患者さんを紹介して頂けることが多いことが強みです。

そんな困っている全国の外反母趾患者さんの手助けをしていく整骨院がわだ鍼灸整外骨院です。

みなさんの悩みを良い結果に導いていけると思います。

詳しくは、、、

『外反母趾 大阪市城東区 わだ鍼灸整骨院』で検索!!

ご観覧頂きありがとうございました!!

症状について詳しくはこちら

外反母趾(がいはんぼし)

関連記事